授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 光デバイス
授業科目の区分 主専攻科目    学科開講科目
授業の目標
光は情報の伝達や蓄積、検出、更には発電や冷却など多岐多様に利用されています。
そのような光の利用法について、本講義では光デバイスとしての観点で講義します。
最初に電磁波としての光の特性を紹介し、光の回折と結像、干渉、物質と光の相互作
用、誘電関数について学びます。これらの理解を基に、光の発生方法、伝送方法、制
御方法を説明します。具体例として半導体レーザー、光ファイバー、光増幅機構を取
り上げる。次に光エネルギーの検出・変換・制御方法について、フォトダイオードや
太陽電池・液晶パネルなどの具体例を用いて紹介します。

本授業により育成する力・スキルは、「挑み力」、「時代の変化に対応する専門力」、
「国家資格を有し公益に寄与する力」です。
先修条件または
他の授業科目との関連

先修条件はありませんが、第6セメスターで履修することが好ましいです。
本講義は、電子機器コースの専門科目として開講されます。
履修のポイント
留意事項

授業に加え、予習、復習を行うことで、内容の理解に努めて下さい。
学部・学科必修/選択の別
工学部 電気電子工学科 選択

2017/09/15 10:17:55 作成