授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 園芸と文化
授業科目の区分 主専攻科目    学科開講科目
授業の目標
 この授業では,園芸の文化的役割について講義する.まず,文化としての農業,特に園芸の必要性
について考察する.次に,アジアやヨーロッパの庭園の歴史を説明し,世界の庭園と日本庭園を比較
しながら室町時代を境に発達した日本庭園の特異性について考察する.特に花卉の品種の成立が江時
代を中心に日本で行われたものが多いことを講義する.植物に関連する和歌や俳句などについても紹
介し,日本では古くから園芸が盛んであったことを紹介する.さらに,都市の緑化,農村,自然環境
など現代の文化としての園芸について講義する.現代社会で,園芸福祉,園芸療法の役割は,心の病
を持つ人のためだけでなく,健全な子供の発達のためにも,また単なる安らぎのためにも必要である
ことを説明する.

授業で育成する力・スキル
全学共通:挑み力
農学部:自然の仕組みと生命の尊さを理解する力
応用植物科学科:自然を理解し共生社会を創造する力
先修条件または
他の授業科目との関連

蔬菜花卉園芸学の導入科目とする.
履修のポイント
留意事項

授業の始めに,園芸植物を中心にできるだけ多くの植物を生で手に取って見せるようにし,分類や来歴,
用途,歴史などを講義する.

学部・学科必修/選択の別
農学部 応用植物科学科 選択

2017/12/04 15:03:08 作成