授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 植物の形態と機能
授業科目の区分 主専攻科目    学科開講科目
授業の目標
 植物と呼ばれる生物の形(形態)は非常に多様性に富んでいる.我々はこのよう
に多様な形態に変化し,その形態に応じた機能を持つ植物を,食用としてばかりで
はなく,観賞用・薬用等,様々な形で利用している.今後,利用用途の広い植物の
生理,栽培さらにその改良法などを学ぶ際に,植物の形態的特徴とその機能を把握
することは重要となる.そこで本講義では,植物を構成する各器官の形態的特徴を
説明するとともに,各器官が果たす機能とその形態とのかかわりについて考察し,
今後学習する様々な応用分野への基礎的知識を身につける.

授業で育成する力・スキル
全学共通:挑み力
農学部:人と自然の調和を創造する力
応用植物科学科:先端技術の修得と実践力
先修条件または
他の授業科目との関連

 本講義では,植物の器官別に基本的な形態,およびその変異について学ぶため,
植物生産に関与する全ての講義,実験,実習に関連する.

履修のポイント
留意事項

 テキストは特に使用せず,関連資料を講義時間内に配布する.
 植物の形態的特徴を明確に理解するために,日常から植物に対する興味を持ち,観察
することを心がけてもらいたい.

学部・学科必修/選択の別
農学部 応用植物科学科 選択

2017/12/04 15:03:08 作成