授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 植物の遺伝
授業科目の区分 主専攻科目    学科開講科目
授業の目標
 自分の容姿や何気ないしぐさが、親と似ている〔遺伝している〕ことに気づくこ
とがある。このような遺伝現象は、現在では分子生物学の発展とともに、植物にお
いてはそれぞれの形質に関与する遺伝子が同定され、その遺伝子を導入することも
可能になっている。本講義では、植物の基本的な遺伝の仕組み、遺伝子の構造や働
きを理解することによって、植物を改良するための基礎知識を得ることを目標にし
ている。そのため講義では、遺伝学の基礎となる、細胞周期、受精、メンデル性遺
伝の法則、遺伝子や染色体の構造と働き、連鎖および植物の倍数性について解説す
る。
 授業で育成する力・スキル
全学共通:自ら考える力
農学部:自然の仕組みと生命の尊さを理解する力
応用植物科学科:安全で安定した農業技術を理解する力
        先端技術の修得と実践力
先修条件または
他の授業科目との関連

 先修条件は特にないが、高校の生物で学んだ事柄を復習しておくことが必要であ
る。また本講義では、細胞周期,受精,遺伝の仕組みなど基本的な事項を学ぶため
に、開講される多くの科目と関連している。

履修のポイント
留意事項

 農学を学ぶための重要な基礎科目の1つであるために、授業内容を丸暗記するのではな
く、遺伝学的な理論を正確に把握できるように努めることが肝要である。

学部・学科必修/選択の別
農学部 応用植物科学科 選択

2017/12/04 15:03:08 作成