授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 応用植物学実験1
授業科目の区分 主専攻科目    学科開講科目
授業の目標
  応用植物科学科で実施される卒業研究の対象は,植物のみならず昆虫も含み,そ
の研究手法も多岐にわたる.そこで,これらの研究手法を習得するために,卒業研
究を専攻する各研究室の専門分野の実験を行う.応用植物学実験Tでは,特に基礎
的な技術の習得および実際的な理解を目的として以下のような実験を行う.@顕微
鏡操作,A植物形態の観察・同定,B蔬菜類の接ぎ木,Cイネ科作物の交配・形質の
分離,D昆虫の解剖・標本作成および同定,E無菌操作による植物組織からのカル
ス誘導および再分化,F植物組織からのDNA単離

授業で育成する力・スキル
全学共通:集い力・成し遂げ力
農学部:理論を応用し実践する力
応用植物科学科:先端技術の修得と実践力


先修条件または
他の授業科目との関連

  多くの専門科目との関連がある.春学期開講内容は,特に植物の遺伝,環境緑地
学,昆虫学,蔬菜園芸学,植物育種学,植物バイオテクノロジー入門,植物細胞工
学等の授業科目と関連が深い.


履修のポイント
留意事項

1 実験では各実施時間の資料や説明をよく理解し,実験目的等を確実に把握しておく
  ことが重要である.

2 評価は,出席状況,実験態度,実験レポートなどで行う.

3 年度始めのガイダンス時に実験予定を連絡するが,材料等の都合で変更する場合も
  あるので掲示や連絡に注意すること   


学部・学科必修/選択の別
農学部 応用植物科学科 必修

2017/12/04 15:03:08 作成