授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 応用植物学実験2
授業科目の区分 主専攻科目    学科開講科目
授業の目標
  応用植物学実験1と同様に,応用植物科学科の多岐にわたる研究手法をさらに習
得するために,卒業研究を専攻する各研究室の専門分野の実験を行う.応用植物学
実験Uでは,特に分析技術の習得と理解を目的として,以下のような実験を行う.
@圃場における昆虫の調査方法とサンプルサイズの決定,A蔬菜の花芽分化および
発達に関する観察,B水稲の収量構成要素調査および収量調査法,C葉緑素含量お
よび根の活力測定,D葉中無機成分および果実中の還元糖の分析,EDNAの増幅およ
びフィンガープリンティング

授業で育成する力・スキル
全学共通:集い力・成し遂げ力
農学部:理論を応用し実践する力
応用植物科学科:先端技術の修得と実践力


先修条件または
他の授業科目との関連

 多くの専門科目との関連がある.特に天敵昆虫学,蔬菜園芸学,作物学,植物生
理生態学,果樹園芸学,等の授業科目と関連が深い.


履修のポイント
留意事項

1 実験では各実施時間の資料や説明をよく理解し,実験目的等を確実に把握しておく
  ことが重要である.

2 評価は,出席状況,実験態度,実験レポートなどで行う.

3 年度始めのガイダンス時に実験予定を連絡するが,材料等の都合で変更する場合も
  あるので掲示や連絡に注意すること   


学部・学科必修/選択の別
農学部 応用植物科学科 必修

2017/12/04 15:03:08 作成