授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 応用植物学特別実験・実習1
授業科目の区分 主専攻科目    学科開講科目
授業の目標
 応用植物学特別実験・実習1では、専攻した各研究室において、担当教員の指導
のもとに卒業研究に必要な基本的事項を学習する。卒業研究を遂行するためには、
実験材料である植物を目的に応じて育てることが必要である。従って、屋内の学習
にとどまらず植物の繁殖・栽培管理の基本を修得する。また、昆虫学の基礎となる
昆虫の形態についても学習する。特に以下の卒論研究に関わる基礎的な実験・実習
を行う。@植物の繁殖方法に関する実験・実習A植物の栽培管理に関する実験・実
習B植物の調査に関する実験・実習C昆虫の形態に関する実験

授業で育成する力・スキル
全学共通:集い力
    :挑み力
農学部:理論を応用し実践する力
応用植物科学科:先端技術の修得と実践力
       :自然を理解し共生社会を創造する力
先修条件または
他の授業科目との関連

 農場実習A・B・Cおよび応用植物学実験A・Bを受講しておくことが望まし
い。また、専攻した各研究室に関連する専門科目について理解を深めておくことが
肝要である。
履修のポイント
留意事項

 個々の実験・実習の目的をよく理解し、卒業研究に必要な基本的事項をマスターする
こと。
学部・学科必修/選択の別
農学部 応用植物科学科 必修

2017/12/04 15:03:08 作成