授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 農産加工実習
授業科目の区分 主専攻科目    学科開講科目
授業の目標
 生産された農産物をより有効に利用するためには,農産加工が施されることが多
い.そのような社会のニーズにこたえる為,農場実習で生産した農作物などを利用
した加工技術を習得する必要がある.農産加工実習では農産物(穀類,豆類,いも
類,野菜,果実,茶など)の加工,貯蔵の原理と応用を実習を通して修得する.実
際の実習では,漬物(阿蘇高菜),ブルーベリージャム,味噌,天然果汁(キャロ
ット),アイスクリームなどを試作する.

 授業で育成する力・スキル
全学共通:集い力・挑み力
農学部:理論を応用し実践する力
応用植物科学科:安全で安定した農業技術を理解する力
       :先端技術の修得と実践力

先修条件または
他の授業科目との関連

先修条件は設けない.本実習に用いる材料は農場実習A,BおよびCで生産した
ものをできるだけ多く用いる.
履修のポイント
留意事項

本実習では,具体的な農産加工を中心に行うため,それぞれの加工に伴う基礎知識が
必要な場合がある.これらについては,実習のはじめおよび最後にできる限り具体的に
講義を行い,レポートの作成を求める.よって,それぞれの実習内容について受講生各
自で学習する必要がある.
 実習で製造された農産加工品は実際に食用されるものでなくてはならない.そこで衛
生管理などについて徹底した管理を行うので,受講生は各自の衛生管理に細心の注意を
払わなくてはならない.また,実習中に大型の機械などが稼動するので,安全管理上,
実習担当教員および技術員の指示には絶対に従うこと.
 実習中の諸注意については,配布資料に詳細に記されているので必ず熟読しておくこ
と.
学部・学科必修/選択の別
農学部 応用植物科学科 選択

2017/12/04 15:03:08 作成