授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 電気法規及び施設管理
授業科目の区分 自己形成科目    主専攻発展科目
授業の目標
本授業は、社会生活を支える最も重要な基盤となっている電気エネルギーの発生から
受電に至る電気設備の工事・維持・運用と安全確保の基本となる法令・基準について
以下の内容で学習します。
(1)電気技術者制度(2) 電気関連法規の体系(3) 電気事業者の使命および電気設備技
術基準(4) 電気的・磁気的障害(5) 電気設備の接地による感電防止(6) 電気設備の運
用容量とその限界(7)電気主任技術者の実務(8) 電力施設管理の基礎知識、特に、電
気設備技術基準は、電気技術の根幹であり、実例を交えて解説します。

本授業により育成する力・スキルは、「自ら考える力」、「技術者のモラルと使命」、
「専門技術を形にする力」です。
先修条件または
他の授業科目との関連

先修条件はありませんが、第7セメスターで履修することが好ましいです。
本講義は、コース共通の自己形成科目として開講されます。
履修のポイント
留意事項

授業に加え、予習、復習を行うことで、内容の理解に努めて下さい。
学部・学科必修/選択の別
工学部 電気電子工学科 選択

2017/09/15 10:17:55 作成