授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 日本語教育法概論
授業科目の区分 自己形成科目    全学共通科目
授業の目標
日本語を母語としない日本語学習者を対象にした「日本語教育」では、日本人を対象としたいわゆる「国語教
育」とは異なる視点と専門的な指導法が要求される。この授業では外国人に対する「日本語教育」の基礎知識
を身につけ、そして、それらの知識をいかに実践に反映させるかを自ら考え、そのために積極的に課題を解い
ていくことを目標とする。授業では、日本語教育の現状、歴史、教授法、具体的な指導上の留意点、教材、
コースデザイン等について概観し、ふだんあまり意識せずに使っている日本語を「日本語教育」の視点から客
観的に見直してみる。



先修条件または
他の授業科目との関連

上記のように、この授業では日本語教育の基礎知識を広く紹介する。受講者はこの授業によって、日本語教育
の全体像を知るとともに自分がさらに深く探究したい課題を発見することができる。したがって、副専攻「日
本語教育」の履修・認定を目指す者は、まず最初にこの「日本語教育法概論」を学習することを勧める。
履修のポイント
留意事項

日本語教師は、既成の説や理論を鵜呑みにせず、常に内省を通して問題点を整理し、それを学習者にわかりやすく伝
えるという努力を行っている。この授業でも教師の側から一方的に知識を伝えるだけでなく、指導上の問題点につい
て受講者といっしょに考えていく。柔軟な思考と積極的な発言・議論を期待している。

学部・学科必修/選択の別
文学部 選択
観光学部 選択
政治経済学部 選択
法学部 選択
教養学部 選択
体育学部 選択
理学部 選択
情報理工学部 選択
工学部 選択
海洋学部 選択
医学部 随意(卒業単位に含まない)
健康科学部 選択
国際文化学部 選択
情報通信学部 選択
農学部 選択
生物学部 選択
経営学部 選択
基盤工学部 選択

2017/12/04 15:03:08 作成