授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 日本語教育方法論
授業科目の区分 自己形成科目    全学共通科目
授業の目標
この授業では日本語教育における教授法はどのようなものかを学び、日本語学習のためのよりよい方法を考え
る。授業では、コース■デザイン(ニーズ分析、シラバスデザイン、カリキュラムデザインを含む)、教室活
動(言語技能別教室活動、インプットとアウトプットに重点を置いた活動)、教材■教具、評価についても学
ぶ。また、学習者の立場に立って実際に体験したり、ビデオの視聴によって日本語の授業の様子を観察するこ
とで、教室活動を間接的に体験する。

先修条件または
他の授業科目との関連

先修条件はないが、本授業に先立ち、「日本語教育法概論」を受講することによって、本授業の内容がより理
解できる。

履修のポイント
留意事項

機会があれば、留学生とインターラクションを持ったり、ボランティアで教えてみるなどして、日本語学習者の実際
を知ることが望まれる。

学部・学科必修/選択の別
文学部 選択
観光学部 選択
政治経済学部 選択
法学部 選択
教養学部 選択
体育学部 選択
理学部 選択
情報理工学部 選択
工学部 選択
海洋学部 選択
医学部 随意(卒業単位に含まない)
健康科学部 選択
国際文化学部 選択
情報通信学部 選択
農学部 選択
生物学部 選択
経営学部 選択
基盤工学部 選択

2017/09/15 10:17:55 作成