授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 日本語と教育2
授業科目の区分 自己形成科目    全学共通科目
授業の目標
この授業はタスク(教室活動■アクティビティー■ドリル)についての知識を学んだのちに、さらに深くタスク
の作り方について細かく実践的に学ぶ授業である。前半部分はタスクの理論と方法、タスクの評価方法につい
て議論し、後半は学んだタスクについての知識を生かし、各自が考案したタスクを試すことができるようにす
る。実際の授業で外国人留学生にタスクを行うことを通してタスク作成の醍醐味を実感できることを目標とし
ている。

先修条件または
他の授業科目との関連

この授業は特定プログラム「日本語教育」の1講座である。したがって、特定プログラム受講資格者が履修で
きる。副専攻「日本語教育演習」で日本語の授業展開の概略についての知識を学んだあと、それをさらに専門
的に深めたものがこの授業である。

履修のポイント
留意事項

授業の後半はこの授業以外に実際に留学生の授業に参加することが必要となる。

学部・学科必修/選択の別
文学部 選択
観光学部 選択
政治経済学部 選択
法学部 選択
教養学部 選択
体育学部 選択
理学部 選択
情報理工学部 選択
工学部 選択
海洋学部 選択
医学部 随意(卒業単位に含まない)
健康科学部 選択
国際文化学部 選択
情報通信学部 選択
農学部 選択
生物学部 選択
経営学部 選択
基盤工学部 選択

2017/09/15 10:17:55 作成