授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 日本語と社会・心理1
授業科目の区分 自己形成科目    全学共通科目
授業の目標
この授業では、異文化コミュニケーション場面において、談話レベルで展開される対人関係の成立とその円滑
な遂行を目的とするインターアクション管理のあり方について分析を行う。
対人関係の管理のあり方は文化によって異なることが知られているが、同様に異文化間のコミュニケーション
においても特徴的な管理のあり方が存在する。この授業では、特に会話分析やポライトネス理論などの知見を
もとにしながら、実際の異文化間の談話例を使い、人々がどのように人間関係の管理を行っているのかを分析
する。同時に今後ますます多言語化する社会の中で、履修者自らが異文化の人と接触する際や、日本語教育に
携わっていく中で必要となる問題解決能力や問題発見能力を養成することも目標とする。


先修条件または
他の授業科目との関連

この授業は特定プログラム「日本語教育」の1講座である。したがって、特定プログラム受講資格者が履修で
きる。

 
履修のポイント
留意事項

履修者は日常生活の中で異文化の人とコミュニケーションを行うとき、自らの会話の方法、意識についてできるだけ
注意を払うことが必要とされる。また、おのおのの自己分析は授業中に全体化することが要求される。
学部・学科必修/選択の別
文学部 選択
観光学部 選択
政治経済学部 選択
法学部 選択
教養学部 選択
体育学部 選択
理学部 選択
情報理工学部 選択
工学部 選択
海洋学部 選択
医学部 随意(卒業単位に含まない)
健康科学部 選択
国際文化学部 選択
情報通信学部 選択
農学部 選択
生物学部 選択
経営学部 選択
基盤工学部 選択

2017/12/04 15:03:08 作成