授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 JAPAN AND HUMAN SECURITY
授業科目の区分 自己形成科目    全学共通科目
授業の目標
 当科目では学部レベルで習得すべき国際政治学についての知識を確実なものにし、
国際政治における様々な事象や争点を理論的に捉え、議論できるような分析力や思考
力の向上を図る。
 The objective of this course is to provide students with the knowledge and
skills of analyzing, criticizing and evaluating key themes of international
relations and security studies relevant to contemporary Asia Pacific.■■■
Aspects of Japanese society, culture, economics and politics will be
presented both in traditional as well as modern contexts. In particular,
the course explicates the dynamics of Japan’s contribution to peace building
through economic cooperation with its ODA program, personnel cooperation
under the International Peace Cooperation Law, and intellectual contribution
in the international arena, since Japan pays more attention to
peace-building efforts to prevent conflicts from occurring (or recurring) in
certain countries and regions. 


先修条件または
他の授業科目との関連


”日本学副専攻”の一環として開講されているが、当副専攻の取得を目指していない学
生やその一部を履修している受講生でも取ることが可能となっている。
履修のポイント
留意事項


This course consists of lectures, discussion, group research and presentations. 

本授業は秋学期開講科目で履修単位数が4単位となる。

担当教員:複数担当による授業となる。

事前学習と事後学習
・毎回授業の最後に,次回の授業で扱うキーワードを提示し、受講者各自で調べて授業に
のぞむこと。
・毎回の授業の要点を文章にして,まとめておくこと。

授業内での具体的な発表方法は次の通り:
(1) 個人でパワーポイントまたはPreziを用いて発表をおこなう。
(2) 使用言語は主として英語とする。(ただ、日本独自の表現などは日本語で構わない。
(3) 発表時間は10~15分とする。(履修人数によって決定する。)
(4)テキストは用いず適宜ハンドアウトなどを配布する。

成績評価は、授業ごとのまとめシートの提出やグループワーク、それに定期的な課題レ
ポートの提出やプレゼンテーション(期末プレゼンテーション+期末レポート)、合計100
点満点のうち、90点以上の場合S、80点以上89点までをA、70点以上79点までをB、60点以
上69点までをC、59点以下をEとする。
学部・学科必修/選択の別
文学部 選択
観光学部 選択
政治経済学部 選択
法学部 選択
教養学部 選択
体育学部 選択
理学部 選択
情報理工学部 選択
工学部 選択
海洋学部 選択
医学部 随意(卒業単位に含まない)
健康科学部 選択
国際文化学部 選択
情報通信学部 選択
農学部 選択
生物学部 選択
経営学部 選択
基盤工学部 選択

2017/12/04 15:03:08 作成