授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 INTERNATIONAL RELATIONS
授業科目の区分 自己形成科目    全学共通科目
授業の目標
 この科目は講義だけではなく履修者間の意見の共有によって理解を深めることを重
視する。欧州、旧ソ連圏、そして東アジアは国際関係論の中心的な地域となりつつあ
る。我々は日々これらの地域のニュースを耳にするが、何が起きているかを理解する
ことは困難である。このクラスでは、これらの地域の国際関係を理解するために以下
の柱を中心に授業を進めることとする。

1.Formation of the International Society(国際社会の成立過程)

2.Understanding foreign policy and international relations in 1) East Asia;
2) Russia and Eurasian states; 3) Europe; 4) Middle East;  and 5) Japan(北
東アジア、ロシア、旧ソ連圏、欧州、中東、そして、日本の外交政策、国際関係、文
化などを学ぶ)

3.“The mobility of people” is the main pillar of this 2016 fallsemester. 
The topic includes the issues such as, immigrants, refugee, international
terrorism, and etc(大きな柱として、「人の移動」をテーマとする)


先修条件または
他の授業科目との関連


”日本学副専攻”の一環として開講されている科目ではあるが、当副専攻の取得を目指
していない学生やその一部を履修している受講生でも取ることが可能となっている。



履修のポイント
留意事項

複数担当教員による授業。

使用言語は英語。

副専攻”日本学”の一環として開講されていること。

Grade calculation
Participation: 20%, Oral examination: 30%, Short essays: 50%
・Oral Examination: students will present their topics.
・Short essays: Each instructor will give a paper topic at the beginning of his
session and students must write short response papers.  They will be collected
by subsequent instructors in charge of the next sessions.

学部・学科必修/選択の別
文学部 選択
観光学部 選択
政治経済学部 選択
法学部 選択
教養学部 選択
体育学部 選択
理学部 選択
情報理工学部 選択
工学部 選択
海洋学部 選択
医学部 随意(卒業単位に含まない)
健康科学部 選択
国際文化学部 選択
情報通信学部 選択
農学部 選択
生物学部 選択
経営学部 選択
基盤工学部 選択

2017/12/04 15:03:08 作成