授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 データベース
授業科目の区分 自己形成科目    全学共通科目
授業の目標
データベースは、ある目的を持って集められたデータを一つの場所に集中して格納
し、必要に応じて適宜データを取り出せるようにしたものである。このデータベー
スは、あらゆるコンピュータシステムの中核としてシステムの裏側で活用されてお
り、現代の情報システムにはなくてはならない非常に重要なものとなっている。デ
ータベースを設計するためには、データのモデリング、正規化、スキーマ設計など
の技術的知識はもとより、現状の問題点の把握と改善方法を論理的に思考する力
や、他のソフトウェアを絡めたソフトウェア設計開発能力、利用者のニーズを予測
する想像力なども必要になる。これらデータベースに必要となる知識を体系的に理
解し、活用する能力を養う。
この授業で育成する力、スキルは「自ら考える力」と「情報処理力(論理力、問題
解決力)」である。
先修条件または
他の授業科目との関連

先修条件はない。「情報システム入門A」および「情報システム入門B」履修と同
等の知識を有することが望ましい。「プログラミング」のいずれかの科目を履修し
たのと同程度のプログラミング経験があることを前提に授業を展開する。
履修のポイント
留意事項

(1)適宜、具体的な例題を用いて実習を実施する。
(2)授業内容に即した課題やレポートの作成を課す。
(3)成績評価の基準は、授業担当者の提示するシラバス詳細を参照すること。

学部・学科必修/選択の別
文学部 選択
観光学部 選択
政治経済学部 選択
法学部 選択
教養学部 選択
体育学部 選択
理学部 選択
情報理工学部 選択
工学部 選択
海洋学部 選択
医学部 随意(卒業単位に含まない)
健康科学部 選択
国際文化学部 選択
情報通信学部 選択
農学部 選択
生物学部 選択
経営学部 選択
基盤工学部 選択

2017/09/15 10:17:55 作成