授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 応急処置法
授業科目の区分 自己形成科目    全学共通科目
授業の目標
応急処置法では、日常生活において身体に対する異常として代表的なものを取り上
げ、主に野外活動における怪我、関節障害や意識障害ついて学習し、その際のとる
べき行動について学習する。そして救急隊などに傷病者を引き渡すまでに一般市民
が行うべき一次救命処置や日常生活における怪我等に対応できる能力を養うと共
に、これらの学習を通じた事故防止を図ることを目的としている。
 実技的なものとして、簡易包帯法や生命の危険が及んでいる時の手技として一次
的心肺蘇生法についても段階を追いながら学習していく。

先修条件または
他の授業科目との関連

先修条件は設けていないが、基本的な身体の仕組みなどの理解が望ましい。身体の
基本的構造の理解と、日常生活で起こりうる緊急事態に対しての対応を学習する。
関連授業として「救急処置法」などがある。
履修のポイント
留意事項

1)内容が多岐に亘り、多分に専門的であるため、資料を配布し理解の手助けとなるよ
うに考えている。
2)成績評価は、試験と授業態度等総合的に判断する。


学部・学科必修/選択の別
文学部 選択
観光学部 選択
政治経済学部 選択
法学部 選択
教養学部 選択
体育学部 選択
理学部 選択
情報理工学部 選択
工学部 選択
海洋学部 選択
医学部 随意(卒業単位に含まない)
健康科学部 選択
国際文化学部 選択
情報通信学部 選択
農学部 選択
生物学部 選択
経営学部 選択
基盤工学部 選択

2017/09/15 10:17:55 作成