授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 港湾都市論
授業科目の区分 自己形成科目    全学共通科目
授業の目標
「港湾都市論」は港湾都市を『物流拠点』、『生活拠点』および『みなとまち
の賑わい』という三つの視点から捉え、将来の港湾都市のあり方について官民両者
の関与の仕方を考察する。
これにより、地域住民との協働による港湾都市づくりの考え方を学ぶ。
海洋学部のある清水地区は、古くから港湾都市として栄えてきた町であるが、最近
のわが国の貿易構造の変化により、以前のような賑わいを失いつつあるのが現状で
ある。その中で、静岡県、静岡市、産業界および地域住民が連携しながらこの地区
の将来像を描こうとしている。この科目を通して港湾都市計画の重要性および地域
との連携のあり方を修得する。

先修条件または
他の授業科目との関連

「港湾経営論」との履修組み合わせが有効である。
履修のポイント
留意事項

時になし。
学部・学科必修/選択の別
文学部 選択
観光学部 選択
政治経済学部 選択
法学部 選択
教養学部 選択
体育学部 選択
理学部 選択
情報理工学部 選択
工学部 選択
海洋学部 選択
医学部 随意(卒業単位に含まない)
健康科学部 選択
国際文化学部 選択
情報通信学部 選択
農学部 選択
生物学部 選択
経営学部 選択
基盤工学部 選択

2017/09/15 10:17:55 作成