授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 図書館制度・経営論
授業科目の区分 卒業単位に含まれない科目    教職・資格に関する科目
授業の目標
  かつて公立図書館は、行政機構中の一施設ということから、管理的立場で利用さ
るという側面が強かった。しかし、現在では地域住民の自学自習、教養・娯楽、調
査研究の場としてのあり方や要求に応えて大きく様変わりし、公共機関のなかで
は、もっとも住民へのサービスに焦点をあてて活動している施設である。しかしな
がら、図書館に働く司書は、とかく目先の業務に追われ、図書館全体がどのように
組織・運営されているかを見失いがちである。図書館のサービスと活動の効果を左
右するのは、その根本にある図書館の経営とその理念である。
 本講義では、図書館経営の基本について、図書館業務の種類、図書館組織と行政
との関係、図書館職員論、図書館業務の評価など、できるだけ幅広い視点から考察
していきたい。

  授業で育成する力とスキル

 自ら考える力(学習力)(探求力)
 挑み力(問題発見力)

先修条件または
他の授業科目との関連

  図書館概論、図書館資料論、図書館サービス論を履修した上で履修することがの
ぞましい。
履修のポイント
留意事項

 経営学、財政学、会計学、行政学などについて学習しておくと理解がしやすくなる。
学部・学科必修/選択の別
文学部 随意(卒業単位に含まない)
観光学部 随意(卒業単位に含まない)
政治経済学部 随意(卒業単位に含まない)
法学部 随意(卒業単位に含まない)
教養学部 随意(卒業単位に含まない)
体育学部 随意(卒業単位に含まない)
理学部 随意(卒業単位に含まない)
情報理工学部 随意(卒業単位に含まない)
工学部 随意(卒業単位に含まない)

2017/09/15 10:17:55 作成