授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 図書・図書館史
授業科目の区分 卒業単位に含まれない科目    教職・資格に関する科目
授業の目標
 「世界史の中の図書館」という観点から、書物と図書館の文化史を講義する。具体
的には、文字と記録の起源と発達、古代ギリシャ・ローマの学問・文学と図書館、
中世の西ヨーロッパにおけるカトリック世界の修道院図書館の活動、東ローマ帝国
における東方正教会の発達と学問の成果、中近東でギリシャの学問を継承・発展さ
せたイスラム科学と、それを逆輸入した西ヨーロッパ世界における学問の発展、グ
ーテンベルクの印刷革命とマルティン・ルターの宗教革命の連鎖、さらに、近代ま
でのアメリカ、イギリス、ドイツ、フランスおよび日本における学問・文学を中心
とした知的生産活動の成果と、その伝播・保存に関わる情報媒体・知識基盤の変遷
について理解することを目標とする。

  授業で育成する力とスキル

  自ら考える力(学習力)(探求力)
  挑み力(問題発見力)

先修条件または
他の授業科目との関連

 先修条件は特に設定しない。
履修のポイント
留意事項

 世界史の知識があればより理解が深まるが、必須ではない。
学部・学科必修/選択の別
文学部 随意(卒業単位に含まない)
観光学部 随意(卒業単位に含まない)
政治経済学部 随意(卒業単位に含まない)
法学部 随意(卒業単位に含まない)
教養学部 随意(卒業単位に含まない)
体育学部 随意(卒業単位に含まない)
理学部 随意(卒業単位に含まない)
情報理工学部 随意(卒業単位に含まない)
工学部 随意(卒業単位に含まない)

2017/09/15 10:17:55 作成