授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 アメリカ文明研究3−1
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

栗原涼子、松本亮三、横山玲子
授業の目標
 アメリカ大陸は、文明研究においてその果たすべき役割が極めて大きい。第一に
注目されるのは、アメリカ大陸の先ヨーロッパ期文明の豊さであり、比較文明研究
に資する価値の高さである。アメリカ大陸では、中米メソアメリカ地域や南米中央
アンデス地域などを中心として、紀元前2000-3000年ごろから、アジア・アフリカ・
ヨーロッパとは基本的に異なった道筋を経て高度な文明が発達したが、その研究は
旧大陸諸文明とは異なった人類文明への洞察を与えてくれる。第二に、15世紀末以
来のヨーロッパ化の過程の多様な展開が、第三に現代のグローバル化した世界にお
ける、北米や中南米諸国の立場や役割が注目され、これらの研究は、現代文明と将
来構築すべき文明に対する見通しを与えてくれるはずである。
 アメリカ文明研究1−1・2、2-1・2、3-1・2の6科目は、北中南米の過
去から現在にいたる文明の諸相から、上記に関わる特定のテーマを選んで、その古
典的研究を整理して文明研究に必須な基礎的知識を修得するとともに、最先端の調
査・研究成果を学び、今後の研究の方向性を確立することを目標として行われる。
開講テーマは毎年異なるので、開講前にシラバスの詳細に注意して履修選択を行う
ことが必要である。

成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

 この授業は、一方向的な講義科目ではなく、履修者の予習復習を前提として発表や討
議を行い、双方向的に進められる。毎回課題をこなし、前回の授業成果をよく復習して
授業に参加することが不可欠である。
 文明研究専攻の授業は、学生が自分の興味関心に合わせて、系統だった履修を連続的
に可能にするために、毎学期同系列の授業科目のナンバーを変えながら開講されます。
したがって「アメリカ文明研究」「アメリカ文明演習」ともに、その学期に開講される
ナンバーの科目と開講されないナンバーの科目があります。時間割表でよく確認したう
えで、その学期に開講されるナンバーの科目を登録するようにして下さい。開講される
ナンバーの科目の内容については、学期はじめのガイダンスやシラバス「詳細」、そし
て開講時の最初の授業の際に、さらに具体的な説明を行います。
 

学部・学科必修/選択の別
文学研究科                文明研究専攻               博士課程前期 選択

2017/09/15 10:18:50 作成