授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 東洋史学文献研究B−2
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

齊藤道子・小林義廣・片山章雄
今年度の開講の有無及び担当教員については「シラバス(詳細)」
をご覧下さい。
授業の目標
  この授業は、中国やその周辺の歴史に関して、特定の問題を取り上げて、その問
題のもつ歴史的意義や歴史的展望を主に文献を中心に探求することを目的とする。
具体的には、主題とする問題に関連した史資料を提示し、それを受講生とともに読
み解きながら、その史資料から読み取れる歴史的意義や歴史的展望を考察していこ
うとするものである。
 史料の講読準備には出典調べや文字校訂などの作業を伴うので、予習を充分にし
て研究者としての資質を高めて欲しい。

成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

 大学院は、学部と異なって専門研究をするところである。したがって、漫然とした態
度で授業に出席するのではなく、原典を調べることはもちろん、問題意識を主体的にも
って対処するように望む。
学部・学科必修/選択の別
文学研究科                史学専攻                 博士課程前期 選択

2017/09/15 10:18:50 作成