授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 考古学研究(演習)B−1
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

近藤英夫・禿 仁志・北條芳隆・松本建速
今年度の開講の有無及び担当教員については「シラバス(詳細)」
をご覧下さい。
授業の目標
 考古学研究(演習)は、現在の学界動向を詳細に理解し、現在の問題状況と今後の
指針を具体的かつ論理的に把握させることを目的に設置されている。そのために、
本演習では既存の著作や研究論文がテキストとして提示されるので、受講生はそれ
に対する論理的な読解、詳細な点検および分析的な問題把握を進めていただきた
い。併せて、本演習では的確な表現法とはなにかを問いかけ、個別事例の点検を通
じてこうした視点の重要性への自覚を促す。特に考古学では、図表の適切な取り扱
いや表現法が論理性とともに肝要だからである。こうした基礎訓練は、具体的な実
践経験を通してのみ身につくものであるので、受講生の積極的な取り組みが求めら
れる。
成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

  この演習は、原則として受講生の作業報告と教員を含めた相互討議で進められる。外
国語文献がテキストの場合には読解を中心に、また日本語文献がテキストの場合には要
約を中心に進められる。レジュメの構成や相互討議の内容を特に重視するので、積極的
な取り組みを期待する。
学部・学科必修/選択の別
文学研究科                史学専攻                 博士課程前期 選択

2017/09/15 10:18:50 作成