授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 社会学研究演習2
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

教 授 田 中 康 夫
授業の目標
 現代の情報社会において、マス・メディアの、特にテレビの社会的影響の問題は
きわめて重要な問題となってきている。「見込み報道」、「やらせ」、「過剰報
道」、「プライバシーの侵害」、「肖像権の侵害」、「誤報」、「虚報」等など、
マスコミ報道の問題点は枚挙に暇がない。授業では、こうした問題点に関する事例
を取り上げ、「報道と人権」という観点から研究する。具体的には、まず全般的な
状況を講義し、その後、各自あたえられた事例をテーマにしたがって追求し、小レ
ポートを積み重ねることによって最終的なレポートをまとめる。
成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

 時事問題や社会問題に興味を持つこと。毎日欠かさず新聞を読むこと。受講に際
して基本的なマス・コミュニケーションに関する知識ならびに日本のマス・メディ
アの特徴に関する知識を身につけておくこと。田中の「政治コミュニケーション論
特殊講義T」を同時に履修することを勧める。
学部・学科必修/選択の別
文学研究科                コミュニケーション学専攻         博士課程前期 選択

2017/09/15 10:18:50 作成