授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 発達心理学特論
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

教 授 平 野   眞
 
授業の目標
 発達心理学は、人間が受胎から死に至るまでに生じる身体的、精神的機能の変化を研
究する心理学の分野であり、人間を発達的に理解することは臨床心理学の基礎として極
めて重要な意味をもつ。本特論では、まず、発達研究の基本的方法(実験、相関、事例
研究)と接近法(縦断および横断的アプローチ)について概観する。次に、周産期から
幼年、児童、青年期を経て、成人、老年に至るまでの心身の変化の過程を、知覚、認
知、社会性、自我形成などの機能別に論じる。最後に、フロイト、ウェルナー、エリク
ソンなどによる主要な発達理論について言及する。
 
成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

 授業中に指示する。
学部・学科必修/選択の別
文学研究科                コミュニケーション学専攻         博士課程前期 選択

2017/09/15 10:18:50 作成