授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 修士論文
授業科目の区分 大学院科目    最終審査及び試験
担当教員名及び
連絡先

山田 正行 教授
山内 和夫 教授
中沢 和男 教授
若林 広  教授
旦  祐介 教授
前田 成東 教授
小林 隆  教授
岡本 三彦 教授
秋本 富雄 准教授
授業の目標
 修士号を取得するには、政治学研究/国際政治学研究/地方行政研究の3コースの
うちいずれかのコースを選択したうえで、所定の科目を全て修了し、各コース演習科
目担当教員の指導のもとに作成・提出された論文の審査において、「合格」の評価を
得なければならない。
 また、論文作成段階においては、順に、(1)概要報告書、(2)中間報告書を作成し、
その内容について公開方式の発表報告を行うことが義務づけられており、これを経な
ければ、論文の提出資格は得られない。
 したがって、本研究科の修士論文指導の目標は、演習科目担当教員による少人数の
演習授業と段階式の論文作成指導を進めることで、修士論文学位授与基準に明記され
ている(1)文章作成能力、(2)資料収集技術、(3)論文構成力、(4)論理的思考力、(5)
資料分析能力を育成し、論文審査基準を満たす論文の完成を目指すことにある。
 
 
成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

履修生には、「論文作成スケジュール」「学位授与基準」「論文審査基準」をよく確認
し、指導教員から示された課題に意欲的に取り組むことが求められる。
学部・学科必修/選択の別
政治学研究科               政治学専攻                博士課程前期 必修

2017/09/15 10:18:50 作成