授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 会計・財務研究A1
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

久田 祥子
授業の目標
 財務諸表を分析することは、企業分析を行う上での基礎となります。経営者は、会
社の業績を競争企業と比較しながら経営のモニタリングや意思決定を行い、外部の
投資家とコミュニケーションを図り、財務政策を決定します。また、企業が投資の
決定を行う際の評価基準にもなります。つまり、財務諸表分析は企業経営者にとっ
ても投資家にとっても、投資を行う際の中核的な情報となります。

 本授業では、まず財務諸表の概略や問題点について理解し、次に財務諸表分析の理
論を学びます。最後に、実際の企業を例に取り上げ、財務諸表分析に経営戦略分析
などを織り交ぜた企業分析を行います。

成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

 本授業(会計・財務研究A1)では、過去の情報に基づいた財務諸表分析を中心に授業
を進めますが、会計・財務研究A2においては会計・財務研究A1の理解をもとに、企業
の将来性の分析、企業価値評価等を中心テーマにする予定にしています。

 企業分析の基礎理論の習得を目指す受講生は、両方を受講してください。
学部・学科必修/選択の別
経済学研究科               応用経済学専攻              博士課程前期 選択

2017/09/15 10:18:50 作成