授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 知的財産権法第一特講1
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

田上 麻衣子 准教授
授業の目標
近年,経済のグローバル化に伴って,特許制度の調和(ハーモナイゼーション)に
関する取組が急速に進められている。しかし,法体系,文化・宗教等の理由によ
り,十分な制度調和の実現には多くの課題が残されており,様々な国際問題が発生
している。こうした状況においては,諸外国の特許制度を理解した上で,我が国の
特許制度及び実務を評価・検討する必要がある。

そこで本授業では,日・米・欧の特許法及び主要判例等について比較法的視点から
検討を行う。これにより,各国の制度に関する的確なリサーチ能力及びリサーチ結
果を基にした比較法的検討能力の習得を目指す。

成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

知的財産法は改正が頻繁に行われているため,最新の条文が掲載された六法等を必ず持
参すること。
学部・学科必修/選択の別
法学研究科                法律学専攻                博士課程前期 選択

2017/09/15 10:18:50 作成