授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 外国法特講2
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
授業の目標
授業の到達目標及びテーマ
 この講義では、コモンロー系または大陸法系に属する特定の国または地域の法お
よび法システムの特徴を多角的な視点から考察分析する(考察対象となる国または
地域および領域は年度により異なりうる)。授業の目的は、原典および翻訳された
文献の講読を通じて、外国語の能力を向上させると共に、当該国の法および法シス
テムを理解することにより、日本法の理解を深化させまたは相対化するための視座
を得ることにある。
履修のポイント
留意事項

当該年度教員が取り上げる国の歴史・文化等について書かれた文献には事前に目を通し
ておくこと。

外国語の初歩的な読解能力は身につけて授業に臨むこと。
学部・学科必修/選択の別
法学研究科                法律学専攻                博士課程前期 選択

2017/12/04 15:04:10 作成