授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 自然環境保全研究
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

北野忠(10号館2階:自然環境課程準備室:内線3410)
授業の目標
大学周辺を中心とした神奈川県西部地域の自然環境の現状と今後の課題を、他の
地域との比較も交えながら、講義と実習を通じて考察する。具体的には、講義によ
り自然環境の現状を理解し、実習により自然環境の現状を体験的に把握する。実習
では、自然環境を計測する手法についても習得する。更に、実習で得た体験的知識
と講義、環境保全に取り組む施設や団体の活動調査により、神奈川県西部地域の自
然環境を保全していく方法について考え、具体案を提言できる実力を育成する。
成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

講義だけでなく演習が重視される。演習内容は多様であり、積極的に取り組む姿勢が
求められる。課題解決型の演習には、学生による自主演習が含まれる。学外にも協力を
依頼し、インターンシップ的形式で実施する場合もある。なお、履修希望学生と担当教
員が相談のうえ、教員が実習先と調整を行い、その内容により開講期(春学期又は秋学
期)を決定する。
学部・学科必修/選択の別
人間環境学研究科             人間環境学専攻              修士課程 選択

2017/09/15 10:18:50 作成