授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 地元学研究
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

真鍋千恵子(10号館2階:自然環境準備室:内線3410)
授業の目標
共生社会構築に重要な地域の実状を、地域の歴史・コミュニティーや伝統文化・
自然環境・暮らしなど多様な側面から調査し、ヒアリングして、地域=地元に「あ
るもの」を探り出していく。その上で現状と将来像を、把握しかつ構想して、新た
な課題や(人や社会との)関係の創出などの可能性を見出していく。人と人、人と
社会、人と自然、そして自然そのものの環境が息詰まり、21世紀は「環境の世
紀」と指摘される状況で、多様な環境問題に自主的に取り組み、地域と社会に貢献
できる人材を育成することを目指す。そのために、徹底的に聞く力、コミュニケー
ション能力を地域における実践的研究活動に力を入れながら身につけるようにす
る。また、地域や関係機関の各種団体との交流や現場視察により、比較し、実践的
に考え、構想する力を養うため、多様な議論の場を設け、思考を深め、見識を広く
する訓練をしていく。
成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

 講義だけでなく演習が重視される。演習内容は多様であり、積極的に取り組む姿勢が
求められる。課題解決型の演習には、学生による自主演習が含まれる。なお、履修希望
学生と担当教員が相談のうえ、教員が演習先と調整を行い、その内容により開講期(春
学期又は秋学期)を決定する。
学部・学科必修/選択の別
人間環境学研究科             人間環境学専攻              修士課程 選択

2017/09/15 10:18:50 作成