授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 環境教育フィールド研究
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

藤吉正明10号館2階:自然環境課程準備室:内線3410)
授業の目標
人文・社会・自然科学のそれぞれの体験的環境教育の現場において、その教育メ
ニューを体験するだけでなく、企画、運営にも携わり、研究を深める。その詳細を
以下に示す。いまの子どもたちの大部分は映像の虜になっており、子どもたちの目
を野外に向けさせることは困難である。親や学校の教師が自ら進んで野外の事物に
興味をもち、それにのめりこむ以外に道はない。我々が植物を育てたり、標本をつ
くったり、あるいはスケッチなどに熱中すれば、それを見た子どもたちに好影響を
及ぼす。映像の中にもすばらしいものがたくさんあるが、子どもたちの記憶に残る
ような自然現象は自身が体験したものに限られる。このような背景を踏まえ、この
授業は、学生が体験的環境教育を学ぶことに重点を置いて展開する。
成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

講義だけでなく演習が重視される。演習内容は多様であり、積極的に取り組む姿勢が
求められる。課題解決型の演習には、学生による自主演習が含まれる。
学部・学科必修/選択の別
人間環境学研究科             人間環境学専攻              修士課程 選択

2017/09/15 10:18:50 作成