授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 西洋音楽史特講
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

磯部二郎

連絡先:音楽学課程準備室(内線3440)
授業の目標
 西洋音楽の歴史は、音楽学に携わる学生にとっても、音楽実技を専攻する学生に
とっても最も基本となる科目である。従って、この授業では、さまざまな専門の履
修者を念頭に展開する。授業では、講義形態の他、西洋音楽史の要点となる時代の
様式、型式、作品、作曲家などについて、和文文献・欧文献(英語または独語)の
購読を通して考えていく。従って、購読が中心の授業となるが、教材が取り上げる
様々な論点に関連して、受講者間で討論することも考えている。教材は、履修した
学生の専門領域を踏まえて決定したい。
成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

講義主体の授業であるから、継続して弛まずに続けることが大事である。ただ、授業に
参加するだけでは十分でない。取り上げた論文等にたいしどのように対峙するか、その
取り組み方が重要であり、そこが評価のポイントとなる。対象とした文章を深く読み込
んで、自ら発問していく姿勢が求められる。具体的な評価方法は、以上のような点に留
意し、授業ごとにチェックしていくが、場合によっては、講読試験などを行うことも考
えられる。
学部・学科必修/選択の別
芸術学研究科               音響芸術専攻               修士課程 選択

2017/09/15 10:18:50 作成