授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 音楽療法治療構造論特講
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

近藤真由
授業の目標
 音楽療法の専門家に求められる知識の一つである、治療構造理論に関する授業で
ある。まずはその理論について包括的に学ぶ上で文献を中心としていくが、場合に
よっては実践的な活動に関わる内容を参照することも有り得る。つまり、音楽療法
の治療的側面について、理論と実践の両面から検証し、そこに介在する理論的背景
を押さえ、理解を深めていくことを目的とする。
成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

 理論と実践の両面に対する意欲的な取り組みが必要である。また、各自の研究テーマ
との関係性について、常に意識していく姿勢も求められる。
学部・学科必修/選択の別
芸術学研究科               音響芸術専攻               修士課程 選択

2017/09/15 10:18:50 作成