授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 劇場学特講
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

梶井龍太郎

連絡先:音楽学準備室(内線3440)
授業の目標
 現在、我が国では各地に多目的ホール、コンサートホールなどが建設され、生活
の中でホールが一見日常的なものとなった。しかし莫大な建設費を投入して造られ
たそのホールが、十分に活用されているとは言い難い。この授業では、劇場の歴史
を学びながら、劇場空間とは一体どのようなものなのかを探り、日本のホールの有
効活用の道を考える。
成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

 積極的に授業に参加することが最も重要である。またすべての劇場形態に関心を持
ち、様々な分野の劇場を実際に見ることが大切である。
学部・学科必修/選択の別
芸術学研究科               音響芸術専攻               修士課程 選択

2017/09/15 10:18:50 作成