授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 楽曲分析特講
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

二宮洋
授業の目標
 本授業では、古典音楽を中心とした既成楽曲を取り上げ、その分析を行うことを目
的とする。まず何より、音楽を分析するとは何か、何のために分析するのか、と
いった基本的な問題を確認することから始めたい。つまり言うなれば、それは音楽
を正しく理解し、表現するための出発点を形成させる行為である。しかしともする
と、そうした基本を見失い、分析のための分析といった傾向に陥りがちである。特
にそうしたことを超えるために、客観的な分析を資料とし、そこから読み取れる作曲
家の発想の原点にできるだけ立ち返り、かつ演奏表現の時点を踏まえて研究してい
く。
 実際の分析にあたり、その背景ともなる音楽理論、楽式論、楽器法などの基本を確
認しつつ、履修者各自の自主的な希望や意見を反映しながら選曲を行っていきた
い。
成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

 履修者各自ができるだけ具体的な目標や希望をもって、履修してほしい。その目標の
中には、当然分析とは何かといった基本に関わるものも、特定の楽曲に焦点を当てた具
体的なものも含まれる。
 授業では、分析する楽曲の楽譜はできるだけ各自で用意する。それは、互いに異なる
版を持ち寄り検討するといった問題も含まれるからである。
学部・学科必修/選択の別
芸術学研究科               音響芸術専攻               修士課程 選択

2017/09/15 10:18:50 作成