授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 造形芸術特講(美術史系)
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
授業の目標
造型芸術特講は美術・デザイン学分野に関わらず、造型芸術専攻の学生に向けて開講する選
択科目である。造型芸術専攻に深く関わる教員がそれぞれの専門領域において教授する授業
内容となるが、本授業は美術・デザイン学の領域に留まらず、今後の造型芸術のあり方を探
求することを目的に開講する。よって単なる知識の醸成ではなく、ここで得た内容を学生
個々の専門領域に活かす方法を体得することを目標とする。
造型芸術特講(美術史系)は、美術史を専門とする教員が担当する。主として、講義、演
習、原典講読などのいずれか、あるいはそれらを複合的に行い、美術史の個別研究への理解
を深めことを目標とする。
履修のポイント
留意事項

美術・デザイン学分野の担当教員に関わらず、学生個々の研究テーマに適した履修選択が大切で
ある。また大学院の授業は教員と学生との討議を基本としていることもあり、積極的な受講の取
組みが望まれる。
美術史の基礎の修得が前提となるので、概説書や研究書に親しむよう心掛けるとともに、美術館
や展覧会に足を運び、実作品に触れるよう心掛けられたい。また授業で学んだことについても、
図書館などで確認し、また予習を行うなどして、授業内容について自分なりの理解を持つよう務
めることが望ましい。
学部・学科必修/選択の別
芸術学研究科               造型芸術専攻               修士課程 選択

2017/12/04 15:04:10 作成