授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 造形芸術特講(画像系)
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
授業の目標
造型芸術特講は美術・デザイン学分野に関わらず、造型芸術専攻の学生
に向けて開講する選択科目である。造型芸術専攻に深く関わる教員がそ
れぞれの専門領域において教授する授業内容となるが、本授業は美術・
デザイン学の領域に留まらず、今後の造型芸術のあり方を探求すること
を目的に開講する。よって単なる知識の醸成ではなく、ここで得た内容
を学生個々の専門領域に活かす方法を体得することを目標とする。
造型芸術特講(画像系)は、ビジュアルデザインを専門とする教員が担
当する。主として「視覚伝達デザイン」の解説および考察を、「フォ
ト・イメージング」というキーワードから紐解く。視覚伝達デザインの
要素である「イメージ」「情報」「コミュニケーション」「複製」「記
号」の意味・機能を、写真、映像技術を通じて明らかにすることによっ
て、デザインにおける視覚情報の伝達および表現方法を、実験および制
作体験を通して具体的に思索することを目標とする。
履修のポイント
留意事項

美術・デザイン学分野の担当教員に関わらず、学生個々の研究テーマに適した履修選択が大切で
ある。また大学院の授業は教員と学生との討議を基本としていることもあり、積極的な受講の取
組みが望まれる。
学部・学科必修/選択の別
芸術学研究科               造型芸術専攻               修士課程 選択

2017/12/04 15:04:10 作成