授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 造形芸術理論特講(メディアアート系)
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
授業の目標
造型芸術理論特講は美術学・デザイン学両分野の学生に向けて開講する選択科目
である。授業で修得する内容を単なる「知識」としてではなく、個々の専門領域
に活かす方法を体得してもらいたい。
本授業では(【美術学】【デザイン学】から選択)分野の視点から、造型芸術に
関する知識・技能・批評等の理論を学ぶことを目的としている。
造型芸術理論特講(メディアアート系)は、デザイン分野の教員が担当する。主
として高度情報化社会において出現するメディアアートをテーマとする授業を展
開する。メディアアートはテクノロジーの発展とともに様々な様相をもって出現
してきた。写真や映像、機器や機械、コンピュータやシステムなど、テクノロジ
ーの発展は常に芸術表現の可能性を広げてきた。本授業ではテクノロジーの発展
とメディアアートの変遷などを事例とともに概観しながら、現代社会におけるメ
ディアアートの実例を紹介し、美術・デザインを問わず履修生個々の研究分野に
参考となる先端的な芸術観の醸成を目標とする。

履修のポイント
留意事項

美術・デザイン学分野の担当教員に関わらず、学生個々の研究テーマに適した履修選択が大切で
ある。また担当教員が想定する授業スケジュールや授業の進め方(シラバス詳細)を確認しなが
ら、計画的かつ段階的に受講できる準備と姿勢が望まれる。
学部・学科必修/選択の別
芸術学研究科               造型芸術専攻               修士課程 選択

2017/12/04 15:04:10 作成