授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 臨床心理実習2
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

教 授   宮 森 孝 史
教 授   角 川 雅 樹
授業の目標
 臨床心理の現場で最も重要である面接について、その基本的立場、査定、技法を
いくつかの文献、あるいはビデオを提示して学んでいく。
 「心理教育相談室」における実習のみでなく、精神科や心療内科を中心とした学
内外の病院・診療所における実習、また教育相談機関および学校カウンセリング室
などでの実習を行い、それらの機関での臨床心理士の業務、即ち受理面接、心理査
定、心理療法、作業療法、集団療法などを見学し、参加する。
 また、それらの場で実際にかかわったケースや、実習の場での問題について、ケ
ース・カンファレンスやスーパービジョンを行う。

成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

 実際の現場には積極的に行き、クライエントに多く関わってほしい。ただし、臨床現場
での実習であるから、守秘義務を負うことはもちろん、クライエントや患者の方々への十
分な配慮とともに、職員・スタッフの指示に従い、活動の妨げにならないよう注意が必要
である。
春学期開講科目であるが、担当者の都合により一部を秋学期に開講する。
学部・学科必修/選択の別
文学研究科                コミュニケーション学専攻         博士課程前期 選択

2017/09/15 10:18:50 作成