授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 電磁エネルギー物理学特論2
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

074797:利根川 昭
授業の目標
講義では,まず,電磁流体としての流体方程式の導出,流体ドリフト,波動現象につい
て解説する.その後,衝突と拡散,更には,単一流体MHD方程式の導出を行い,プ
ラズマの平衡や安定性についても解説する.
(1)電磁流体としての基礎知識を理解する.
(2)電磁流体の適応例としてプラズマの拡散現象や波動現象を理解する.
(3)単一流体MHD方程式と平衡と安定性を理解する.
成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

本講義に限らず,大学院では専門性の高い講義が多くなる.時間をかけて理解されること
を期待する.また,質問については,授業内や授業終了時に積極的に行って欲しい.授業
時間外での質問は,研究室にて受け付ける.


学部・学科必修/選択の別
理学研究科                物理学専攻                修士課程 選択

2017/09/15 10:18:50 作成