授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 体育哲学特論
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

阿部 悟郎

授業の目標
 「体育哲学」は体育学の一領域である。本講義では、最新の体育・スポーツ哲学・
倫理学をもとに、現代の体育・スポーツにおける様々な現象や出来事で構造的に整理
したうえで、その問題性をめぐる議論を通して体育・スポーツの本質に迫っていきた
い。主な問題群は次の通りである;
 
 1.体育の本質、 2.スポーツの本質、3.体育・スポーツと幸福追求権、
 4.体育・スポーツと文化享受権、5.体育・スポーツと個人の自由等

 
 体育・スポーツの諸現象を、哲学という視点から眺め、その思考原理を修得すると
ともに、体育・スポーツ専門職分野に要請される哲学的思考能力の中核を形成するこ
とを目標とする。
成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

 体育・スポーツに関する問題を論理的に考え、自分の見解を提起するとともに、他者
との議論を知的に愉しめるようこころがけていて欲しい。大切なことは、こだわりを持っ
て徹底的に考えることです。表層的な正誤や功罪、あるいは通俗的な善悪・適否にとらわ
れることなく、理性的に、そして徹底的に思考することを求めます。
 
 「こだわりは賢者の選択。あきらめは愚者の選択。」
 

 なお、原則的に、学部学生の先行履修はできません。

学部・学科必修/選択の別
体育学研究科               体育学専攻                修士課程 選択

2017/09/15 10:18:50 作成