授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 スポーツ心理学特別実習
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

武田 大輔
授業の目標
 近年のスポーツ心理学の研究対象は幅広く,スポーツ心理学者がこの学問分野の全
てを詳細に捉えることは難しくなっていると言われている.競技,レクリエーショ
ン,教育,健康作りなどあらゆる身体活動における現象を対象としており,また運動
学習,応用スポーツ心理学,健康スポーツ心理学,臨床スポーツ心理学など研究への
アプローチの仕方や現象の理解にさまざまな立場が存在する.
 本特論では,臨床スポーツ心理学における研究対象や方法論について,学術論文や
関連書籍を講読することで,より専門的な知識を得ることを目標とする.また方法論
の一部となる心理臨床査定についての体験的理解を行う.そこにはスポーツカウンセ
リングの実践かとしての基礎技能や態度の養成を含んでいる.実践と研究の結びつき
について,体験的理解とともに論述できるようになることを目標とする.


成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

・学部学生の先行履修はできません。
・なお「スポーツ心理学特論」先に履修することが望ましい.
学部・学科必修/選択の別
体育学研究科               体育学専攻                修士課程 選択

2017/09/15 10:18:50 作成