授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 スポーツバイオメカニクス特論
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

山田 洋
授業の目標
 日常の動作でもスポーツの動作でも、身体を単なる物体として観察すると、そこに
はフォームや力の出入りについての一般性がみえてくる。この授業では、体の姿勢や
フォームを整理する方法としてのバイオメカニクスの理論と成果を学ぶ。
 はじめに、分析する際の約束事を確認する。次に、ツールとしての力学と身体の基
本的な構造(解剖学)と機能(生理学)を学ぶ。これらを前提として、フォームを分
析する方法である運動学(Kinematics)と力の出入りを整理する運動力学
(Kinetics)を学ぶ。終盤では、過去の研究例からバイオメカニクスに特有な知見を
紹介する。
 春学期に開講される「スポーツバイオメカニクス特別実習」では器機を用いて、実際に
実験プロセス(計画→測定→処理→論議)を学ぶ。
 本講は、体育学研究科のカリキュラムにおける「スポーツ科学」の領域に属し、バ
イオメカニクスの基礎を学ぶ科目である。
成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

◎ 春学期に開講されている「スポーツバイオメカニクス特別実習」と併せて履修することが望ましい。
◎ 担当教員に研究指導を受ける予定の学部学生の先行履修は原則できません。
学部・学科必修/選択の別
体育学研究科               体育学専攻                修士課程 選択

2017/09/15 10:18:50 作成