授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 体力学特論
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
授業の目標
 「体力学」は、運動生理学やバイオメカニクスを基礎とした応用スポーツ科学と
して位置づけられる。すなわち、運動生理学やバイオメカニクスの知識や研究方法
によって、ヒトの体力を評価し、体力を維持、向上させる方法論や指標を構築する
ことが体力学の目的である。
 近年の「健康志向」と関連し、体力の維持・向上への関心は非常に高い。一方で
「体力」という言葉は、それぞれの価値観によって異なる使われ方をしている。こ
の授業では、時代とともに変容してきた国内外における体力のとらえ方、あるいは
体力を維持・向上することの目的とその方法を再確認する。また、最新の各種体力
評価の指標、体力を維持・向上のための手法を学ぶことから、現代社会における体
力の意味とその必要性を考える。
 具体的には、ヒトの成長過程を踏まえたライフステージや身体の状況(身体の一
部が不自由であるなどのハンディキャップを持つ人々を含む)によって異なる体力
の意味やその必要性と共に、それに伴う体力評価の指標や体力の維持・向上のため
の手法について運動生理学やバイオメカニクスの知識や研究方法をもとに検討す
る。また、実際の測定方法や評価については「体力学演習」で学ぶ。
 これらのことから、人間の生存の基礎となる体力や身体活動の必要性、またそれ
らに関連する諸問題についての理解を深める。
履修のポイント
留意事項

最新の「体力」に関する情報や知見について確認しておくこと。
学部・学科必修/選択の別
体育学研究科               体育学専攻                修士課程 選択

2017/12/04 15:04:10 作成