授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 応用スポーツ心理学特別実習
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

高妻容一(内線3572)
授業の目標
 この授業は、応用スポーツ心理学の現場での実践を目的とした内容である。特
に、パフォーマンス心理学と言われるスポーツ選手の競技力向上を目的としたメン
タルトレーニングを紹介し、研究の動向と同時に現場での実践方法や世界的動向を
紹介・体験してもらう。たとえば、国際応用スポーツ心理学会・国際スポーツ心理
学会・日本スポーツ心理学会における研究動向や学会でのワークショップからの実
践方法を学ぶ。また現場において、どのような指導や心理的サポートが行われてい
るかを紹介すると同時に体験してもらう。
 特に、授業で育成する力・スキルとしては、現場での実践力・指導のスキルであ
る。将来、教員や指導者、スポーツメンタルトレーニング指導士(資格)などを目
指す学生のコーチングスキル向上に貢献できる内容を実践していく授業である。
 可能なら、関連講義である学部のスポーツ心理学特講、コーチング心理学等の聴講
もして欲しい。。
 

成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

春セメスター開講の応用スポーツ心理学特論を取ってから受講して欲しい。また学部
のスポーツ心理学・スポーツ心理学特講・コーチング心理学も可能なら受講して欲し
い。実際に競技スポーツを実践している人に受講して欲しい。また指導者を目指す人に
も受講して欲しい科目である。
 また授業における予習や復習を実施することで、授業の内容を深く理解し、スポーツ
の現場や指導の現場で活用してほしい。

 
学部・学科必修/選択の別
体育学研究科               体育学専攻                修士課程 選択

2017/09/15 10:18:50 作成