授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 医学情報学特講実習
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

國枝 悦夫 教授、小林 広幸 教授、古屋 博行 准教授、小見山 智
義 准教授、今西 規 教授
授業の目標
医療情報システムの基礎と、医療統計学の統計ソフトウェアを使った実習、応用か
ら臨床バイオインフォマティクスの基礎までを「医学情報学特講」に対応して実習
を通じて理解する。
個別の内容
医療情報学総論(國枝):医療情報学のための情報処理とデータベースなどについ
て、既存ソフトウェアを利用しての実習。
医療統計学1(古屋):医療統計学を習得することを目的として、Microsoft 
Excel 2010による実習を行う。さらに統計ソフトIBM SPSSの基本的な操作法につい
ての実習。
医療統計学2(小林):実験計画、調査、データ取得・編集・解析・解釈・発表・
経験的研究に基づくデータの報告などを通じて、統計解析の実践的な能力を養う。
医療統計用基本ソフトウエアの実習。
臨床バイオインフォマティクスの基礎知識(小見山):パソコンを使って生命情報
科学理解のための各種ゲノム配列解析の方法の実習。
医学情報データベース実習(今西):生命情報学(バイオインフォマティクス)で
よく使われる有用なデータ解析手法や、各種の医学・生物情報のデータベースを活
用する技術の実習を行う。


成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

「医学情報学特講」でこの実習内容に関する講義を行うので、必ず同時に履修して下さ
い。
学部・学科必修/選択の別
医学研究科                医科学専攻                修士課程 選択

2017/09/15 10:18:50 作成