授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 放射線診断画像学
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
授業の目標
画像診断学を学ぶには、診断装置の種類や撮像原理をきちんと理解しておく必要が
ある。X線単純写真や造影検査装置の構造や撮像原理、CTやMRI装置の原理を理解す
る。次に各領域における代表的な疾患に対する画像診断検査の選択、具体的な検査
方法、実際に検査を行うための医療安全の知識などを修得する。また、得られた画
像からは正常像と異常像の違いを理解し、異常所見からどのような病態を考えるの
かを知る必要がある。また、疾患によっては画像所見と病理組織像とを対比する方
法や得られた画像所見の解釈について学ぶ。
核医学検査で使用される放射線医薬品と得られる画像の診断的意義について、代表
的な疾患を中心に異常所見の意味を理解する。また、CTとの融合画像の臨床的な有
用性について学ぶ。
放射線診断領域で行われる低侵襲性治療は、IVR(interventional radiology)と呼
ばれ、血管内治療のほかに、非血管性治療があり、基本的な治療手技の方法や適
応、治療後の変化について学ぶ。


履修のポイント
留意事項

1.画像診断装置の構造や撮像原理を理解する。
2.X線被ばくを含めた医療安全について理解する。
3.脳神経領域における画像診断法と画像所見を学ぶ。
4.循環器疾患における画像診断法と画像解析を学ぶ。
5.呼吸器疾患における画像所見と鑑別診断を学ぶ。
6.消化器系疾患における画像診断と病理所見との対比を学ぶ。
7.泌尿生殖器領域における画像診断法と画像所見を学ぶ。
8.核医学検査の実際に臨床応用を理解する。
9.IVR治療の代表的な手技を学ぶ。


学部・学科必修/選択の別
医学研究科                医科学専攻                修士課程 選択

2017/12/04 15:04:10 作成