授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 職場組織支援論
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

錦戸典子(教授)、渡辺直登(非常勤講師)
授業の目標
 労働者、職場組織、および社会・経済の基本的概念について、これまでの変遷、
最新状況、および今後の課題等について主体的に学習する。特に、職場の組織風土
の概念とその評価方法、およびその改善に向けての支援方法について、専門家との
ディスカッション等を通して、経営学的な視点からも理解を深める。
 これらの学習を進めることにより、労働者や職場組織が抱える課題を適切にアセ
スメントして、職場力向上のために有効な働きかけの方法を検討することができる
視点と能力を育み、職場組織支援に関する実践力の向上を目指す。 

 

成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

 現代の社会・経済の動向に関心をもち、日頃から情報収集に努める。また、職場組織
の持つ可能性と問題点について、文献や自らの体験等を通して考察し、自分なりの学習
課題を持って授業に臨むことが望ましい。
 プレゼンテーションと討議、ケースメソッドなども取り入れた参加型の授業方式で進
めるので、あらかじめ提示された課題について事前準備をしっかり行うこと。また、授
業時のディスカッションには積極的に参加することが必要である。

学部・学科必修/選択の別
健康科学研究科              看護学専攻                修士課程 選択

2017/09/15 10:18:50 作成