授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 生命科学特論
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

石野知子 伊勢原3号館3−1研究室
加茂敦子 伊勢原3号館2−1研究室
授業の目標
健康支援看護学の展開に必要な生命科学、人体機能形態学に関する専門的な知識、
および実験技法の活用を学習する。具体的には、
1) 生命科学に関する知識・実験技法を学習する。
2)  人体機能形態学に関する知識・実験技法を学習する。
3) 上記各分野の知識・実験技法の看護学における活用法を考える。
 学習の過程で、看護学に必要な生命科学・遺伝・病態などに関す
る基礎的な知識を自ら調べまとめる力や複数の論文を読んで要約し、内容の新規
性、独創性、限界と今後の課題をつかむ力を養う。



成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

学生自身の課題を深めるために、テーマおよび目的を明確にして、講義を行う。した
がって、事前に担当教員と相談することが必要である。
学部・学科必修/選択の別
健康科学研究科              看護学専攻                修士課程 選択

2017/09/15 10:18:50 作成